売れるための話、95%の開示姿勢と出会う

クライアントのためにと思って手にした本を読んでみたら

あらまあ、自分のためになりました😁😁

某「売れるため」のお話💖

この5〜6年とくにアクセルを踏んで

私は自分の分裂性分を一つにまとめ上げるため

「閉鎖的」なマインド一旦獲得する必要がありました。

(元々は、カメレオン並みに自分がない病で、ここはかなり苦労した問題です。

これについてはまたどこかでシェアしていきたいものですが、一旦は脇に置きます)

20170910_160927
近頃、イエローグリーンの葉っぱにフラートされるのは、私の中の新鮮な魂の息吹を感じているからだ、と捉えています💓💓💓初々しい気持ち、新鮮な気持ち、大事にしています。

お金を稼ぐ、集客をする、というマインドは、

私には非常に危険な通り道でした。

私に積極的な集客活動が全く向かない理由は

「自分がない」「自分がわからない」という「自己愛の病気の気質」のためでした。

(*自己愛の病気は、心の器<自我意識>と自然な自分<本質>とが
全く違ってしまっていることに、一つの大きな要因があります。
しかしそれを発見するには、ありのままの自分を丁寧にうつしかえしてくれる
愛ある存在に傍らで寄り添ってもらうことが不可欠です。
私はこの作業を丹念に繰り返しました)

自分がない段階では、とりあえずよくわからんからと、

社会のモデルに合わせるしかありません、すると・・・

ますます、どんどん、

自分が本当は何が嫌で

何が辛くて

何に苦しんでいて

何をしたいのか

全くわからなくなり⤵︎⤵︎

全く感じなくもなり⤵︎⤵︎

しまいには、ある日突然壊れるーーー

私は自律神経失調症を2回やりました。

前哨戦としては行動が散逸的で、とっちらかっているのでした。

そんな魔の構造に人生が振り回されることから

私は本気で卒業したかったのですね。

お金のこと、稼ぐことは、全部一旦忘れて、まずは

確かな自分を発見することに集中!

私だけのエネルギー循環を確立した上で社会に出たかったのです。

そのための精神世界の旅路は

紆余曲折ありながら

大変なごうございました🌹

社会の表舞台は自分がどうしたいのかがはっきりとするまでは

危うい鬼門。

そのため、「口コミ」と

「リピートしてくださるクライアントの方々」

とのご関係によって運営が成り立つように、身を守りながら

10年かけて進んできました。

名刺も途中から持つのをやめました。

私が何者であるかを社会に知られる段階ではないと判断したからです。

そういう微細なエネルギーも私には「気の漏れ」となって

自分の深いところからの声に集中できなくなるのですよ😅😅

(なんて細かい作りなのでしょうね、とほほ。

活かすっきゃありませんから、この仕事😄✌️✌️)

 

しかしその中の長いクライアントの方々の声に

「私も人をサポートする人として独立する!」

という嬉しいお話が増えてきました。

私はタオセラピーの観点から

その方だけの成功の循環法則をご案内しています。

他の誰かのものではない、その人だけの

成功の黄金ルールを紐解くのです。

しかし、それだけでは現実的なイメージが

つきにくいかもしれない!😆😆と気づきました。

私のサロン運営スタイルは、私だけのもので

ちょっと特殊だからです。

それはそれで当の本人にとっては

おそらく特殊ゆえに誰にも理解され難い

独特なポイントで「恐怖との戦い」もしいられたりなど

色々とないわけでもないのですが、

誰にも通用するわけでもない「私だけの勝ちパターン」

私はタオセラピーによって自分の星から割り出し

こうなっている今です。

それを長年、目の当たりにしてきている

クライアントの方にとっては

「いざ独立せん!」となった時に

具体的にどのように現実的な成功を獲得していくのが、イマドキなの?

わかりづらいだろうな〜

私のはあまり役に立たないだろうな〜と反省したのですね😅

そこで!世間的な時流をリサーチしてみよう!

となりまして。たまたま共時的に、私の前に現れた某ハウツー本に

導かれたのでした。

それは初め、Amazonをたまたま開けたらボンと目の前に紹介されたものであり

最初は「ふーん、こういうのが出る世間なのねー、今」と眺める程度だったのですが

たまたまその翌日に座ったスターバックスの隣の席の30代の女性が

テーブルの上にちょこんと置いたのもこの本だったのです😄💦💦

うそー?! 人気な本なんだとは思いますが

でも随分とニッチな情報では!?笑

しかも最近、発売になったばかりで!

これは買え、ということでは? というわけで、今日は本屋でゲットー♪

『フツウの私にファンができる♡「売れる私」になる方法』宮本佳実著(WAVE出版)

20170910_201133

さっと目を通して、なるほどね〜といたく感心・関心しました。

私の考える「元型のレベルからかんがみた時、

理想的な女性性を活かした成功モデル」だなーと💓

(この理屈とこうなるためのハウツーワークは

女神セミナーor女神になるグループワークでご説明します)

 

私よりもまだお若い方ですが、すごいな〜と。

人気なのもわかるなーと引きつけられました。

(年増の偉そーな発言に聞こえたら申し訳ありません🙇‍♀️)

この中で非常に感銘を受けたのが

「95%開示」の姿勢です😲😲

情報を惜しみなく開示しても

文字で見るのと生で話を聴くのとでは理解度は違うから、

ファンになってくれた方は生のお話も聞きたくなる、という持論でした。

 

フリーペーパーやフリーリソースが一般化した昨今、

今更のように、その通り過ぎることではあるのですが、

あっちゃー。私にはそういうのないわ、

でもやりたいことだった!

自分の核がしっかりとつかめてきた今となっては!

ご時世的にもやったほうがいい気がする!

直感も鐘の音を鳴らしています😄

自分のエネルギーを外に漏らすことなく

がっちり殻の中に閉じこもって、

洞穴の中から愛を叫び続けることなら

できるようになったーーーそんな気がして

ちょっとずつですが

ますます元気が出てきました😉

もちろん、始まりはクライアントの方を思ってのことだったのです💫

社会で独立してご活躍していただくためにも

どんどん応援していきたいポイントを

今日は(結果的にも自分自身のヒントにもなった)お勉強することができて

ゴキゲンな一日でした。

著者の宮本佳実さんに感謝です🍀🍀🍀

この方はこうやって惜しみなく与えて

ますます成功のエネルギーを社会に

たくさん広げていかれているのだなーと

しみじみ私も見習ったほうがいいわ!モード上昇💖うふふ〜。

皆さんもご興味ありましたらぜひ手にとってみてくださいね。

男性の方でも参考になることはいっぱいあります。

ハウツー本嫌いの私にしては驚きのプッシュです😄

女40代半ば、まだまだ頑張りますよー✌️

ではでは、今日はこの辺で。

素敵な夢の旅にどうぞご出立ください😉🤚

ぼっと夢見タイムはありますか?

みなさん、こんばんは。今日はどんな1日でしたか?

私は今日はケースやグループワークを通じて、「魂の夢見」について考えていました。

そもそも私たちは、「夢を見て生きている」と聞くと、どんな風に感じるでしょうか?

あるクライアントの方が「人間関係をもっと気持ちよくしたいのだけど、つい怒ってしまって」とご相談くださいました。

色々なアプローチポイントはありますが、夢を見ているという観点でいうと、その方は完璧主義者のアーティストの方で、ご自身の独自の表現ワールドに対するこだわりも人一倍。ですが、魂のレベルからすれば、きっとまだまだ自己の作品に追求できるのりしろがあるのでしょう。

すると無意識がにょろにょろと知らぬまに、現実世界の人間関係にその完璧性を投影し始めます。不完全な人間であるとわかりつつも、自分の問題を相手にぶつけるのです。「なぜあなたは完璧にこなせないのか?」と。

その方はもっともっと自分の作品の完璧性を追求すると、周りの人の状態が無意識的にも意識的にも気にならなくなるでしょう。

魂は常に自己を表すことを夢見ていますが

今ここの人間は自分の魂に隠したものを、外の世界に常に夢見ているのです。

 

さて、あなたの「夢見」の境地ともっと仲良くなってみませんか?

そうすれば、大切な人に夢を抱きすぎて、夢と現実が違う!なぜあの人はああなのか!と落胆を繰り返し嘆きにくくなります。

そこで、質問ですが。

みなさんは、ぼっと夢見心地になる時間を意識して作っていますか?

私は今日、お気に入りのキャス・キッドソンのシュラフを引いて、その花柄に魅入りました。ぼっとできて気持ちいいのです。

キャスキッドソンシュラフ

どどーん!すごいでしょ?

私は職業柄、あの世の無意識世界と常に仲良しでいることを心がけています。

人に癒し体験を提供するということは、その方の見失われた魂の深遠な世界を旅することになります。

それは、この世の価値観や時間感覚と、180度異なります。

みなさんにとって近い感覚といえば、夜夢を見ている時のあの世界です。

私の意識の基準は皆様からみて、逆さまの世界。そのようにトレーニングしてきたのですね。

それでも!ちょっと外出して道を歩いたり、電車に乗ったりすると、その状態から離れてしまいます。すると私の身体は不調サインを出します。そこで慌てて、元のような夢見心地に戻るために、目に止めるものにこだわっています。

私の場合、英国のライフスタイルデザイナーであるキャス・キッドソンが生み出すパターンが最も夢見モードに入りやすいのですね。さっとそれに目をやり、そのワールドの中に意識を飛び込ませるのです。

キャスキッドソンシュラフ2

それだけで身体感覚はふわっと軽くなります。フフフーと海を泳ぐイルカのような気持ちにまでなります。あっという間に幸せモードに突入なのです。(おめでたい!?)

これは、催眠のテクニックでいうアナログマーキングから変性意識に入る技法になりますね。

今ここの現実に存在するアイテムに一旦意識をフォーカスして、そこを入り口として、無意識のあの世へと続くことができるのです。

私たちが夜寝る行為が、健やかな精神活動において重要なのは、現実世界で疲れた心身を安らがせ、精神的には、あの世の治療薬とも言われる<私だけの>救済エネルギーをチャージして戻ってくることができるからとも言われます。陰陽の魂のダイナミズムの視点から考えると、現実世界で見失った反対世界のエネルギーを精神に取り戻そうとする活動だからです。私たちは陰陽でバランスをとる存在です。エネルギーの相対性理論を思い出していただけたら良いでしょう。

頑張って生きようとするだけでは、真の活力は生まれません。

あえてあの世に飛びだち、死んでしまったかのような感覚を日常的に積極的に取り入れることで、現実世界における活力が高まるのであります。

うつの人がたくさん深い良質な睡眠をとることが大切であることも同じ原理です。

その入り口として、睡眠を大切にすることはもちろんですが、

日中の簡単なリフレッシュ方法として、自分の魂を感じられるビジュアルアイテムを常に携帯の待ち受けにしたり、パソコンの背景写真にしたりして、この世にいながらにして「ぼっと力が抜ける」感覚を常に意識できるライフスタイルを装備するのです。

タバコを吸ったり、甘いものに傾倒したり、お酒を飲んだりも、似たような原理が働いていますが、度がすぎると身体を大切にしている行為ではなくなるので要注意です。結果的に、それがないとしんどいという依存状態を生み出します。

もっと健康的な取り組みとして、魂が喜ぶ芸術品などを味方にするのも良いでしょう。美術や音楽など。自然の中に出かけるのも、魂に眠るネイチャーと繋がりやすいですよね。スポーツに精神性を感じている方も同じような効用があるでしょう。

ですが、もしもあなたがタバコや甘いものやお酒などを頼りにする傾向が強いとすれば、見失われたマザーや甘えのテーマが隠されていると見立てられます。関係性のテーマをお持ちということになりますので、これは心ある誰か(専門家でもよし)との関係性の中でじっくりと取り組んでいくことが功を奏します。

あなたが夢見ているものはなんでしょう?

無意識にそれを現実に追い求めても、手に入りにくいのですが、

それを自覚して、意識的に追いかけることができれば、夢は叶いやすくなります。

自分の夢見とつながることのできている人は、長生きでもあります。

あなたの魂の夢見を追いかける生き方、初めて見ませんか?

今宵見る夢も、そんな一つ。

ちょっぴり視点を変えて、どんな不可思議な夢であっても、

興味と好奇心の目を向けて親しむところからはじめて見てください。

ユングは、夢に見たことは、そうなる運命と、認識していました。

その紐解き方には少しテクニックがいるのですが。

ご興味ありましたらドリームワークのグループワークをお求めくださいね。

今日はこの辺で、ごきげんよう〜🌟

私心を捨てて鬼の心で仏の顔〜都知事選に観た事

初の女性都知事が生まれましたね。

20160802_100646.jpg
回想しながらのカフェ。銀座の北欧系「オスロコーヒー」にて。

私は特段、小池さんを応援していたわけでもなんでもないのですが、(かといって反目しているわけでもない)

選挙ポスターが開示された瞬間から、「ああ、この人がなるんだな」とわかっていました。(正確には感じていた)

(というと結果出てから言いやがって、な感じもするから、ちょっとカッコ悪い感じですが。ここのブログは私が自分の両親と会話する時のリラックスした本音モードで綴っているので、まあ、許していただけたらです^^;)

変な話、私には彼女が選挙に大勝ちすると見えていた、感じていた、わかっていたので、「じゃあ、まあ、他の人に入れるか」と、特に次の世代の人間を育て応援しないとね、という発想の私は、某お若い(?)方に投票したのでした🌟(私はちょっと変わってる!?w)

さて、なぜ「わかった」のかと言いますと、ズバリ「気」、別名オーラです。

凄みとか、迫力とか、気迫とか言った言葉も当てはまるでしょう。

私のトレース能力によると、「この気は、背後の占い師か何かに<今度はあなたが必ずなるから>と太鼓判を押されていたかのごとくの、確固たる自信、不動の確信を持って臨んでいる!」だったのです。

それは、他の候補者に誰一人として視て取ることはできませんでした。

表の姿勢とは裏腹に、深層心理に隠し持っているものは、オーラとして透けて浮かび上がってくるものですが、小池さんほど「自分が選挙に勝っている姿をまっすぐに見つめて、コツコツ選挙レースを走っていた」方はいませんでした。

それもそのはず、日本の運命としても、小池さんに決まることが布置されていたわけでしょうし、他の方で「自分がなっている姿が視えて」走っていた方は居なかったと思います。(そういうオーラを出している人は誰もいなかった。どこか不安と揺らぎと恐れを、一ミリ二ミリでも抱えていたと、お見受けしました)

もともと目鼻立もくっきりとしていらっしゃるために、人目を惹くルックスをお持ちの小池さんではありますが、今回の選挙戦は今まで以上に「どうしてこんなにもエネルギーが重いのだろう???」と興味と違和感を感じていました。

好奇心から小池さんの所有する自然エネルギーを調べてみたのですが、、、するとなんと、この2016年7月は「乙未」で、土の性質だらけが極まったタイミングとなったのです。土の性質が極まるということは、土が「人徳」「魅力引力」を現すために、選挙なんかでは爆発的パワーで一致します。

小池さんは宿命的に、徳の非常に高いエネルギーを持っています。しかも「頭角を現すことは必定」(壬戌)「たくさんの人間の真ん中で」(丁未)それも「高い打点から眺め見下ろし目配りをする」(壬辰)指向性のかた。「戌・未・辰・未」と土だらけ〜〜〜@@

そこへ持ってきてご本人の「心の器」が「私心を捨てて、鬼の心を持って仏の顔で」の状態であったのだということが判明したのは、昨日の朝日新聞の某記事を読んでのことでした。

「私が都知事です」って顔に私には見えました、ポスターの段階から。

20160802_100919.jpg

この気迫でいられたら、周囲は巻き込まれてしまいます。

このかたのこの「姿勢」に私は学ぶものが、今回非常に多くて、改めて敬意を抱きました。

あらゆることに通じる、真理が、体現された選挙戦だったのではないでしょうか。

このブログをご覧に成っているあなたも何に対して

「不動の確信と確固たる自信」を抱いているでしょうか?

そこに愚痴レベルならありうるかもしれませんが、迷いがあってはなりません。

特に私たちが無意識に認知している魂・精神のテーマは、現実世界においては「時間」がいるために、そのプロセスを一歩一歩、たゆみない努力を持って前進することは、生半可なことではないでしょうけれども、時を超えて、同時に時を刻みながら「私は必ずそうなる」と「なりきり」のところに、「現象化」は舞い降りるのであります。

念じましょう。自己催眠をかけましょう。「私はもう○○だから」。

仕事のことでも、お金のことでも、愛情関係のことでも、なんでもそうです。

「社長になる!」「家を建てる!」「あの人と恋愛成就そして、結婚する!」

「子供を守る!」

もしも確信に至れるだけの材料が自分に揃っていないと<恐れ>を認めることができるのであれば、ガンガンをそれを補うべく要素を求めて生きましょう。

「私はもう○○だから」。

その心でいる時ーーー<本懐>に達した時

あなたが今なすべきことは何でしょうか?

それを一つ一つ積み上げていきましょう。

結果は後から必ずついてくるでしょう。

時の運と共に。

ただし・・・<本懐>とは、魂と一致しているという意味でもあります。

「私の意識と本質は何を求めているのか?」

自分を知らなければ、この領域も残念ながらありません。

それを発掘するために、当サロンのカウンセリングをお求めくださる方は6〜7割を占めます。

皆様の魂の飛翔をまごころより応援しております。

GOOD LUCK🌟

精神の声と体の声に一致を

「自分は今どうしたいのかがわからなくなったので」と、ご利用くださる方は大変多数を占めます。

頭で「こうしたらいいな」「ああしたらいいな」「あれはどうなるんだろう?」「これはどうなるの?」と思いを巡らせている部分と、

身体の反応が食い違うことというのは、人間が人間であるためにか(いや、原始人はそういった症状はなかったかもしれない)当たり前のように起きています。

ですが、そのままでいると「頭で考えていることが思い通りに進まない」という現象を経験します。

そのような<不都合>や<モヤモヤ><イライラ>を察知したときに、

ご予約をくださるリピーターさんが多いです。

ところが、なんとなく<モヤモヤ>しているのを<否認>して頭脳優位(意思や欲望を優先させると)で行動を積み重ねる中、或る日突然<出来事>や<事件>となって、私たちの前に立ち現れます。

身体の声を聴くのが苦手な方は、理知が優位になりすぎて、身体の声に抑制をかけるのに慣れているために、身体症状に現れやすい傾向があります。

当サロンを長くご愛顧くださっている方は、そのあたりの妙をよく心得ていらっしゃる方であります。<モヤモヤ>が早期段階のうちに、(問題が大きな津波となって現れる予防、事前対策として)駆け込んでくださるわけです。そして<スッキリした>と笑顔でお帰りくださいます^^

当サロンのカウンセリングでは、今ここで生じている小さな<違和感>にも丁寧に留意を払い、アプローチします。言葉にまだならない感触や微細なエネルギーを一緒に拾いあげて、とり扱います。ご当人に取って無自覚であればあるほど、深く重要なテーマが隠されていることはよくあることです。

<一緒に>取り組む価値は、当サロンのカウンセラーが、心と精神の働きをめぐって<微細なレベル>にあるものが<何か>を認識できるだけの訓練(情報のインプット)を繰り返してきているため、クライアントの方にとってはまだ五感にまで登ってきていない要素にも、言葉を与えていくことで、その方の<ありのままが何か>をつぶさにフォローアップすることができる点にあります。

「自分で対話できているから大丈夫」とおっしゃられる方もいるのですが、特に関係のテーマが隠されていたり、問題に感じているケースは、自分一人の世界観の外に鍵があるのに気づけていないから、関係の問題があるということを忘れない方がいいでしょう。一人で取りくむ内部対話だけでは、残念ながらケアしきれるものではないのですね。自分の世界観の外に答えを見つけ出すために、相対的な存在(専門家)を役立てられると、心と精神は健やかさを少しずつ取り戻しいったり、あるいは精神的なバランスが整えられていったりするものであります。

もちろん、カウンセラーの立場としては、<その方の世界観に合ったもの>を探り出すことをモットーとしています。一つ一つ確かめ合いながら、丁寧にワークを重ねます。

そうして繊細な風穴を見つけるお手伝いを通じて、クライアントの方ご本人に取って腹落ちする<解>を得てお帰りいただきます。

****

と、取り組んでいる内容についての説明になってしまいましたが、

wp-1469884372990.jpg
ここでちょっぴりコーヒーブレイク🌟日比谷・帝国ホテルのカプチーノを撮り下ろしましたよ^^(ムードを楽しんでね)

実は今日は以下のことが言いたかったのでした^^

身体の声も尊重して生きることを大事にした時、

自分が想像しているよりも、身体が重かったり、

緩慢だったりすることは実はこれまたよくあります、ということ。

意識のほうはいかようにも(無限大に)広がろうとする傾向があるかもしれませんが

(想念はどこまでも自由に飛べますからね)

肉体のほうときたら、非常に制限のある現実世界に存在しています。

身体のペースを無視して、精神(夢見)の実現はありえません。

身体と精神とともに足並みを揃えてライフスタイルを築くことができる時に、

効果的な(たとえそれがのんびりペースであっても、結果的には無駄のない)

行動が生まれてくるわけです。

さもないと精神は突っ走りたいけど、身体が言うこと聞かないよーと言って、その問題でモンモン、もやもや、イライラして、時間だけが過ぎてしまうのであります。

(もったいない!)

そこで、当サロンでは、この精神の声と身体の声の合致を大事に探っていきます。

身体ののんびりさに悲鳴をあげるせっかちな精神があるとしたら、その精神の言い分にも丁寧に耳を傾けて、精神も身体も納得のいく、第3の道をいかに引き受けていただけるのかを探り出し、見つけ出し、お話し合いします。

特に、精神世界(あの世)の広大な広がり指向をお持ちの方は、それを自覚した時、とみに「身体が重くて」とおっしゃいます。

その時、私は

「身体のペースに合わせてください。眠たければ、しっかりと横たわってください。目的は、起きながらにして、そのワイドな(宇宙)意識が、当たり前である状態を掴み取(マスターす)ることであり、そのためのトレーニングと思ってください」

とアドバイスしております。

こうして、グラウンディングは達成されていきます。心技体の境地でもあります。

精神を肉体に宿して天と地の間に人間としていかにたつのかが見えていくプロセスとも言えます。

かくいう私も、この過程にいた時、ベッドを配置して、横たわりながらお話を伺っていた時期がありましたね^^

この境地に入るとどうなるか?

私の体験的コメントを述べるなら、

いろいろなことを思い患っている場合ではなくなりました。圧倒的に生きるのは楽です^^

老境・仙人のような気持ちでもあります^^

ただ1点、自分の魂のお仕事のことにしか意識が向かなくなりました。

妙なこだわりや欲や怯えが山ほどこそげ落ちました。

平たく言うと良い意味でいろいろなことがどうでも良い。すべて自然にお任せ。

天の采配がすべて。(実際、タオセラピーや霊能カウンセリングを通じて、多くの方を観察しておりますと、私たちの存在は自然の気運通りに振り回されているに過ぎないと、悟ってきます。ただし、それを<どのように受け止めるか>の環境と意識の器の整備が、現実を大きく左右するのですけれども)

ここに至るためには整理整頓(私はどのような存在であるのかの吟味と浄化・魂のお洗濯)は山ほど繰り返しましたけれども。

「夜寝ている時の感覚で、生活ができるようになっていて、かといって寝ぼけ眼でもない。集中力が研ぎ澄まされていて、足元がしっかりと見えていて、一歩一歩に確かさがある感じ」とも説明しています。

一度きりしかない人生ですものね。

できる限り自分になることに挑戦して死んだ人と、言われて<あの世>にかえりたい🌟

それが私の魂の夢のひとつです^^

なぜなら、その境地に至ると、あらゆることを許せる愛の人になるという意味であると、

私は心理カウンセリングの真髄を知的に学んだ時から直感的に悟っていたからです。

「ああ、それこそが私の求めていたものだ」と。

また援助職者としてのクォリティとはこの度合いに比例するとも。。。

(もっとも、ご縁と相性は力量を超えて大変重要な要素ですから、私がすべての人に有効な存在たるため、という意味ではないことはお断りしておきます^^あくまでも私と相性の良い方に取って、最高の存在であることを追究している、と。それがまた人間の限界を謙虚に知るということでもありましょう)

さてさて今日はこの辺で。

みなさま、素敵な1日になりますように。

GOOD LUCK🌟

魂の夢が自分を傷つけた

私の魂の中心には、まるで「玉手箱」のような

<めくるめくときめき>感覚があります。(この<魂の中心感覚>は人によって異なります)

この感じを、現実の世界に追い求めるクセに、長年困らされました。

正直、それはある意味<浮かれたお祭り感覚>であるため、

現実にそれを追いかけ続けると、無理・無茶・破綻が起こります。

現実とは堅実さが要ります。

ほとんど多くの人は、自分の魂の感触を、

外の世界で形にしようとしたり、幻想として追い求めたりするのが、自然です。

<夢を追いかけろ>

<夢は形に成る>

と言われる理由でもあります。

ですが!

タオセラピーの思想でひもときますと

その<魂>の方向性が

★精神的な方向の人

★現実的な方向の人

とに分類することができます。

東洋思想は、陰陽思想ですが、とかく対立する二つの要素で一つの次元を構成していると捉えます。

人間を陰陽で整理することを考えた時、

精神と現実の融合であると、4000年も昔から中国の賢者は見抜いていたのでした。

 

そして、

私の場合、どちらのタイプかと問うた時、

どちらかというと<精神寄り>の前者であるということが分かったのは、

タオセラピーを自ら詰めた時です。

この2〜3年で知り得たことでした。

ですから、私の魂の夢であり、魂の中心にある<浮かれたお祭り感覚>は、

現実に求めるのではなく、精神世界に求めなければ、

<私の個性>には合いませんよ、というわけだったのです!!

 

そんな〜〜〜〜。<お祭り感覚>に無意識的にも意識的にも引きずられ過ぎて

仕事にせよ、消費活動にせよ(👈お買い物のこと^^)、異性関係にせよ、人間関係にせよ、

あんな破茶滅茶、こんな無茶苦茶、いっぱいぶっちぎってきてしまったではないでスカッ。

と言う気もしますが、

私はこの秘密を探り当てるために、一旦は個性と逆走する必要があったのですから、

まあ、それはそれで万事オーライなのであります。

 

どれほど現実の世界に<浮かれたお祭り感覚>を追いかけても、

私の場合、ちっとも浮かばれませんし、極端を言えば<万事終焉を迎える>という恐ろしい図。

何せ、私の<浮かれたお祭り感覚>は、現実に許されたものではなく、精神世界に道を譲るために

授かった宿命だからなのです。(それは、タオセラピーで読み解くと見えてくる)

それを、39歳からこんこんと、タオセラピーの思想に従って、

<精神世界>だけに<浮かれたお祭り感覚>を許し、

追いかけ、それを現実に下ろすことを頑張りました。

精神世界だけに浮かれたお祭り感覚を求めるというのは、

私の場合、好きなもの、気持ちいいもの、夢想の中に浸りやすい住環境を整備することでした。

最初に浮かんだのは1920年代のライティングビューロー。

続いて、カフェ専門店のようにコクのある珈琲とお洒落な珈琲カップ。

アップル社Macの大画面。

整然とした空間で、すっきりした境地。

このすっきりした境地を得るために、どのような要素があるとなるか、

インナーワークで点検を繰り返し、

焦げ茶色と白色のコンビネーションにスワロフスキーのクリスタルが煌めくトーンが

私にとっては重要でしたので、揃えたわけでした。

(ケチな私の抵抗は山ほどありましたが、全部ケアして、

抵抗の言い分にも耳を傾け調整し、実行してきました)

そして、現実的な事を一切手放しました。

正直、エゴの恐怖はありましたが、意図して<お金の計算を一切しない>暮らしに集中しました。

お金の計算をするからかえってお金のこだわりが生まれて、

お金を浪費する仕組みがあることを知りました。

「お金があっても、なくても、お金は何時だってゼロ!」

スローガンに掲げました^^

お金という現実的ツールの力を借りて遊びを求めるのではなく、

いかに<精神だけを浮かれさせて>自らが魂の玉手箱になるのか。

ここが肝心でした。

子供の時は、お金がなくても、小石を集めたり、自然の中の虫ケラと戯れたり、

空の雲を数えたり、想像の羽根を広げて、何時間も遊ぶことができました。

あの感覚を、一生懸命に回復させました。

私の場合、人間関係にも<夢見る浮かれ感覚>をともすると投影するところがあるため

実際の人間の善も悪も背負って生きている等身大の日常からかけ離れてしまい、

うっかり相手に自分の願望を投げ込みすぎて、関係を壊すことが少なくありませんでした。

(そんなん、あるわけがありません!!いた!と発見した時は、

自分のカウンセリングの先生だけでしたw)

このプロセスを、私は<精神の神殿造り>と呼んでいます。

その結果、今あるサロンの形が浮き上がってきました。

こうして打ち込んでいるブログのスタイルも固まりました。

好きな人との関係性のバランスもとることができています。

お金の浪費もありません。

(ってか、当初の予測通り、食費以外、全く使わない人になってしまった!)

ーーーそうそう、私の魂の夢見は<あまりにもHUGE(でかすぎ、宇宙なみ)>でしたために、

どのような空間も狭く感じるという、恐ろしい現象がありました。

無意識に宇宙なみ無境界を追いかけているからなのですが。。。

その調整が完了するまで、何度、なんて自分はこの世ユースじゃないんだ!!

と生きづらさを感じたことか。

どのような部屋を借りても、満足するわけがない、自分に青ざめました。

ある時、「うん、この広さはちょうどいいね」と思ったのですが、なんと家賃50万強、120平米、天井の高さが2〜3階分あるような、日本でも最高級のレジデンスだったのでした。

本当に必要???

正直、自分には無駄が多すぎるように思われるのですが、すっきるする空間、それです、となった時は、自分の精神構造の整理すべき方向に途方に暮れました。

私は、取捨選択が、ライター時代から大の苦手でした。

なんでも抱え込みたいタイプ。全部必要に感じてしまうタイプ。

母親からは「くどい性格」の一撃。そういうな!です。

ですが、自己の複雑さをタオセラピーを通じて、山ほど整理し尽くし浄化したおした時

自分の精神が非常に通るのを感じまして、それに比例して、

今ある38平米の空間が実はとても広いと感じられるようになったので、

やっとバランスの取れた自分になることができた!

精神修養が高まってきた!と自分で自分を褒めてあげたい気分です。

そして、高校時代から大学時代に年ごろのせいもあるかもしれませんが、

ダイエットノイローゼだったことがあったのを思い出します。

通ってた高校の周りの友達がみんな美人で、スリムだったせいもありますが、

標準体型というありがたい自分をちっとも許せなかったという、不幸気質の自分がいました。

でも多分私は、部屋の大きい小さいの感覚が、実際の広さを問わず左右される

<幻想>まなこであったことを思うと・・・

この宇宙なみの莫大エネルギーを自分の肉体に投影して、

自分の背格好が不恰好に見えていたのではないかと、察せられるのであります。

今朝、愛犬の散歩がてら窓ガラスに映し出された自分の姿をたまたま目撃し、

wp-1468841426541.jpg

「ちっともおデブなんかじゃないのにな〜。(かといって、スリムでもないけど^^)

なんで過去、あんなに自分のことを自ら虐めていたのか?

これもきっと、魂の夢見ているものが、スケールでかいせいで、その幻想のために

自分の体もとかく大きく見えて仕方がなかったんだろうなあ、とほほ、どうしようもないね」

と思ったのでありました。

・・・というわけで、いろいろ自分を追い込んで、

自分の自然エネルギーにぴったりの自分に調整することで

幸運を感じられるようになってきた、新しい自分・それこそ望んでいた自分誕生のお祝いに

今日のランチはお寿司を久しぶりに!

wp-1468844931620.jpg
サイトリニューアルのお祝いなのでした。

最後まで御覧いただきありがとうございます^-^