花言葉「優しい思い出」のスイートピーに寄せて

20190228_1006407148467334077418518.jpg

みなさん、こんばんは。

8畳ほどの小さなサロンですが

空間に愛らしさを添えることが大好きです。

近くの虎ノ門ヒルズにあるお花屋さん「レ ミルフォイユ リベルテ」さんで

窓際のごく小さなコーナーに生けるための、プチなお花を仕入れています。

繊細な優しさを奏でる、色合いやシェイプなどそのバランスセンスが

私のお気に入りです。

昨日は、マゼンダ色のスイートピーに目を奪われました💕💕💕

ミモザの季節でもありますが、私が魅きつけられたのはこちらでした。

20190227_1709034322070445812299266.jpg

一輪ざし程度にちょうどいいプチ花瓶も「レ ミルフォイユ リベルテ」さんで見つけました。幅狭な出窓にぴったりでした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

スイートピーの花言葉は「優しい思い出」だそうです。

学名は「ラティルス」という「刺激的な、情熱的な」を意味するギリシャ語だそうです。

ほのかな甘い香りも魅惑的です。

みなさんの、情熱的で優しさに満ちた思い出、というとどのような場面を思い出されますか?

***

私にとって「思い出」ほど美しいものはありません。

人には色々な指向性があります。

「未来の夢」を見た方が運が上がっていく方もいます。

お越し下さるクライアントの本質は実に様々です。

その方々に合わせて私はその人らしい生き方を応援していますが

私自身はといえば、とかく「過去の思い出」が宝物のタイプです。

そのため、私自身の人生の歩みとは、歳を重ねれば重ねるほど、

潤い豊かになっていっているのを感じます。過去とは、

時が経つことによって蓄積されるからです。

「あの時の、あの出来事は本当に楽しかったなあ」とか

「あの時は、本当に辛くてどうにかなっちゃいそうだった」など。

喜怒哀楽に満ちたあらゆる場面を一つ一つ

ジクソーパズルのピースを眺めるように、見回しては

「与えられた命のありがたさ」を噛み締めるのが好きなようです。

これは「過去を手放せていない」とか「過去を受け入れられていない」とか

「過去にしがみついている」というのではありません。

むしろ逆で過去が満ち足りた財産なのです。

私の存在の証明そのものであり、その上に今が立脚されており、

それを肥やしとして、また新たな過去にと変わっていく、

まっさらなキャンバスのような未来がある、という具合です。

私の過去はどれもこれもいつでも

一生懸命であったことには変わりがありません。

その点で

このスイートピーのように気高く愛らしいのではないかと

いい意味で、自己愛的に耽溺してみるのでした💝

***

私のどこかに「老若コンプレックス」なるものがありますが

まあ、それはそれで愛しく手なずけております。

「よし、よし、年取るのは嫌よね、ずっと若々しくいたいのね」と。苦笑。

ですから、せめても、心だけでもいつまでもピカピカと潤い輝き続けていたい

その「お肌の潤いだけでなく、心の潤い豊かさ」を高めるための「年輪」であると

自分自身の世界観を新たにし続けております。

みずみずしいお花たちは、いつもそのお手本です💕

 

あと1時間もすればもう3月です。

新しい春の香りが

皆様のもとにも届きますように☀️

 

ではではまた明日!

おやすみなさい🌌✨✨


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中