荒波に揉まれて苦労も輝きに

昨日、一昨日と、お休みをいただき、北陸に出かけました。

両親の結婚50周年のお祝いの家族旅行のためでした。

wp-1469280346842.jpg

行く先は、金沢から足を伸ばして加賀温泉に1泊。

見事な田園風景に、みるみる全身の細胞が緩み

リラックス度「極(きわみ)」でありました。

東洋思想的に言うと、「乙未」とか「己巳」とかだ!

と一人喜んで口走っていました。

夕飯にそちらで頂いたお刺身が、あまりに美味しいのには、いたく感激しました。

東京の3倍は厚みがあって、プリンプリン弾ける身ごろ。

ピチピチした鮮度に、自然の幸の贅沢さを堪能しました。

と言っても、お値段は東京の4分の1ぐらいでしょうかねえ。

なんでも土地のタクシーの運転手さんのお話によりますと

北陸のお魚は、日本海の荒波に揉まれているから、おいしいんだそうです。

太平洋側のお魚は黒潮の流れに乗ってやってきているものだから、

日本海の荒波に揉まれているものに比べて、身の引き締まり方も違うんだそうです。

そう言われてみると、妙にうがったお話に聞こえます^^

少なくとも東京でいただくお刺身は、デレデレとゆるい印象といえば、そうかなあと。

そのお話を聴いて、人の心も一緒だなと思ったのでありました。

荒波に揉まれて強く逞しく、それでいながらも、生き生きとした心は、

人としての味わい豊かである、と。

生きることの苦労の種類は数えたら枚挙にいとまがありませんが、

苦労は若いうちに買って出ろと言われるほどです。

苦労はどれも、その人を個性豊かに、滋味豊かに、磨いてくれるものとは、

まさに、北陸の海の幸のごとし、というわけなのだなあと、感銘を受けたのでした。

今、目の前にある苦労も、人によって千差万別ですが、

いつか必ず、この写真のように「つややかな魅力」を輝かせるときのために

wp-1469279647914.jpg

あるのではないか?!と少しは頭の片隅に置いていただけたら嬉しいです。

GOOD LUCK🌟

今日はこの辺で。

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中